ニコンソフトフォーカスフィルター soft2を使ってみた

ニコンソフトフォーカスフィルターはニコンが設計販売している、純正のソフトーフォ−カスフィルター。

www.nikon-image.com

このフィルターは強さが二段階に分かれていてsoft1とsoft2となっている。その中でもソフト度合いが強めのsoft2を中古の1600円で購入した。このフィルターはもう生産されていないが、今は別のバージョンで販売している。

こちらは現在のもの。3700円もする!たかがフィルターされどフィルター。

早速デジタルで撮ってみた

f:id:aremo-koremo:20141110181532j:plain

もともと開放は柔らかい写りのNikkor auto-S 55mm f1.2。結構ソフトだが・・・。

ニコンソフトフォーカスフィルター soft2

フィルターをつけてみた。もわ〜ん。それでもピントの芯はある。これでは元々が柔らかいので比べにくい・・・。

なぜソフトフォカースレンズではなく"フィルター"なのか

ここで伝家の宝刀、Micro Nikkor Auto 55mm f3.5を使ってみるよ。すごくカリカリ解像するレンズ。カリカリレンズ。略してカリレン。花とかとりたくない。キリキリしすぎる。ポートレイトもかわいそう。

ニコンソフトフォーカスフィルター soft2

f3.5開放で50年ほど前のレンズにしてはよく写っていると思う。

ニコンソフトフォーカスフィルター soft2

フィルターを使用。いい感じ。やっぱり使用するレンズによって少し変わってくる。フィルターなのであたりまえだが。

そう、フィルターなので絞りによるソフトフォーカスの描写の変化がない。

f:id:aremo-koremo:20141110182041j:plain

f5.6 フィルター無し

ニコンソフトフォーカスフィルター soft2

f5.6 フィルター有り

f:id:aremo-koremo:20141110182130j:plain

f8 フィルター無し。最高にカリカリしている。好き。はーと。

ニコンソフトフォーカスフィルター soft2

そしてf8のフィルター有。柔らかい写りでも品が悪い感じではない。芯が残っている感じ。

f:id:aremo-koremo:20141110182319j:plain

f32、最小絞り。ピントが深くなっている。かなりカリカリしている。

ニコンソフトフォーカスフィルター soft2

f32(=絞りすぎ)でもこれだけソフト。絞り値による変化がない。ピントが深くなっているだけ。 

これが今回のソフトフォーカスフィルターのいいところ。つまり「ピントが深くてソフトな写りが得られる」こと。もともとソフトフォーカスレンズは絞り値によってソフト量が変わってくるけれど、このフィルターを使えば絞り値に関係なくソフトな描写を得られる。

古いニッコールレンズはほとんどがフィルター径が52mmなので今度は広角にもつけてみたい!

と、いうわけでフィルムで撮ってきた。

f:id:aremo-koremo:20141119050203j:plain

Nikon F Nikkor Auto-S 55mm f1.2

 

菊の花が滲んでる。これって私の涙で滲んでいるわけじゃないよね。みんなも滲んでるよね。みんなで滲めば怖くない。

f:id:aremo-koremo:20141119050542j:plain

ふわっふわ。この種がジーンズについて苦労したわー。

そして広角行きますよー。

f:id:aremo-koremo:20141119050648j:plain

Nikon F Nikkor Auto-N 24mm f2.8

 

どーん。 せっかくの名玉が・・・

f:id:aremo-koremo:20141119050831j:plain

怖い道なんだか、楽しい道なんだか。

ま、でも楽しめたかな。またちょっと使ってみたいアクセサリーではある。あと、ベタにイルミネーションとか撮りに行ってみたい。

私はイル子。

これはイルカ。