いすみ鉄道沿線をブロニカS2で撮る

ブロニカS2でいすみ鉄道沿線へ行って来た。いま、中判カメラが楽しい。

写ルンですで撮った記事

uturundesu.hatenablog.com

 

いすみ鉄道 新田野駅

f:id:aremo-koremo:20171208214603j:plain

Zenza Bronica S2 zenzanon 100mm f2.8 (FP4)

新田野駅。ほんとなにもない。だがそれがいい。

f:id:aremo-koremo:20171208215007j:plain

新田野の駅舎。何人座れるんだろう・・・。

洗い越しへ

f:id:aremo-koremo:20171208215058j:plain

洗い越しへ向かう途中で逆光でススキを撮った。

f:id:aremo-koremo:20171208215155j:plain

これが洗い越し。沈下橋とは違って元々沈下しているというか、流れと交差している。この上を車などで渡っていく。房総にはもう一個あるらしい。行ってみるか!

f:id:aremo-koremo:20171208215318j:plain

洗い越し周辺で少し散策した。枯れた葉を撮る。このすごい立体感が中判の魅力かも。

f:id:aremo-koremo:20171208215508j:plain

房総は関東で一番遅い紅葉する地域と言われるだけあって、11月でススキが全盛期だった。

上総中野駅

f:id:aremo-koremo:20171208215552j:plain

いすみ鉄道と小湊鉄道の接続駅、上総中野駅。誰もいない。ひんやりとした空気。

f:id:aremo-koremo:20171208215643j:plain

見よ、この立体感!これがあるから中判はやめられない。ピントグラスで覗いているとゾクゾクする。

f:id:aremo-koremo:20171208215750j:plain

こちらは大原方面。いすみ鉄道が入ってくる方向。誰もいなくて陽が暮れ始めてひんやりして来た。ISO125だとf2.8開放で手ブレしない限界のSS1/125だった。100mmレンズなので1/100は欲しい。

機材

f:id:aremo-koremo:20171209185012j:plain

「ドこまでもキミと」Bronica S2 Zenzanon 100mm f2.8。Zenzanon 100mm f2.8は東京光学製でほんと良く写るレンズなのでオススメ。標準のNikkor 75mmも使ってみたい。75mmはPとP.CとH.Cの3種類ある。"P"はいわゆるペンタコン6にも使われているビオメター型(=クセノター型)。"H.C"はさらに一枚増やして豪華版。ガウス型に近いのかな。あんまり本数がないらしい。うむ、これは・・・2本買うしかないのか!?

モルト劣化?

f:id:aremo-koremo:20171208215933j:plain

うわー、すげー立体感なんて喜びもつかの間、左上の白い筋。あー、これはモルトの劣化かなと有名店に修理の見積もり出したら、症状からいってモルトの劣化だが、預かったらボディ、レンズ、マガジンのメンテナンスをするので3.5万からと・・・うむむ。今の所、他は問題ないのになー(私見では)。うむむ?結局、他のところでフィルムマガジンのモルト交換(3000円)だけしてもらって今の所問題なし。OHが必要になったら最初のところに出して見てもらおうかな。しかしブロニカS2はいいね。他のレンズも欲しくなっている。換算28mmのNikkor H 5cm f3.5とかね〜。フードが見つからないんだ・・・。

日中はISO100ぐらいで十分。 

中古市場にはブロニカS2はゴロゴロしているけれど、無限ピント調整済みとかのがいいみたい。 

そろそろ買おうかな・・・。