3月のフィルム写真ー1

6月に3月のフィルム写真をアップする。時差が許される気がするフィルム写真。デジタルだと、特にカラーだと季節外れが気になって、すぐアップしたくなる。写真は少し寝かしたほうが良くなると信じて・・・えいえいえいー!

ザ・淡水エイ (アクアリウム・シリーズ)

ザ・淡水エイ (アクアリウム・シリーズ)

 

 淡水エイ

東京湾ゲートブリッジ 

aremo-koremo.hatenablog.com

デジタルはここで書いた。α7SとSonnar 5cm f1,5(CZJ)で。 

SONY ミラーレス一眼 α7S ボディ ILCE-7S

SONY ミラーレス一眼 α7S ボディ ILCE-7S

 

 

aremo-koremo.hatenablog.com

レンズ付きフィルム、スナップキッズ800で撮ったもの。

 

f:id:aremo-koremo:20160628200303j:plain

M4 Super Angulon 21mm f3.4 (FOMAPAN400)
 

すっきりシャープ。歪みもほとんど感じない。スーパーアンギュロンはシュナイダーのレンズだなって実感。

f:id:aremo-koremo:20160628201740j:plain

いやー、21mmは難しい。どうしたらいいかわからないもの。広い場所に広いレンズを持っていくのは安直すぎるな。

f:id:aremo-koremo:20160628201804j:plain

日が暮れかけて、最後の一枚。橋の下から。

向山隧道と濃溝の滝 

aremo-koremo.hatenablog.com

f:id:aremo-koremo:20160628201941j:plain

M4 Elmarit 28mm f2.8 (FOMAPAN400)

 

この向山隧道(トンネル)は双子トンネル。なかなかのB級スポットだった。

f:id:aremo-koremo:20160628202201j:plain

雰囲気もあってオススメ。養老渓谷のそばなので、行ったら寄ってもらいたいところ。

f:id:aremo-koremo:20160628202246j:plain

ちょっと、アンダーになったが、墨絵っぽくなった。山肌。

f:id:aremo-koremo:20160628202613j:plain

暗がりに一本だけ白い枯れ木があって、気になった。アンダーで。

f:id:aremo-koremo:20160628202712j:plain

上総亀山駅の線路が終わっているところ。どうやら、この頃から露出計が一段狂っていたらしい・・・。

f:id:aremo-koremo:20160628202810j:plain

上総亀山駅。ちょうど電車が入ってきた。ディーゼル(気動車)なのでウーン、ウーン言ってた。

f:id:aremo-koremo:20160628202554j:plain

今話題の?濃溝(のうみぞ)の滝。この時は誰もいなかった。「ジブリ映画みたい」って言われているけれど、実はジブリ映画を見たことがないので、わからない。

f:id:aremo-koremo:20160628203132j:plain

下に降りてみた。広角だとちょっと広すぎるかな。50mmぐらいがちょうどいいかも。ま、ズームを持っていけば十分だけれど。ここも行ってみるとすごい「感動」するかというと微妙ではある。なぜ、バスツアーが組まれるほど人気なのかといえば、やっぱり奇跡の一枚のせいだろうなぁ。

f:id:aremo-koremo:20160628203353j:plain

濃溝の滝周辺は公園になっていて、湿地帯もある。ここは5~6月は花菖蒲とかが綺麗だろうな。秋は紅葉がすごい綺麗で、全体では楽しめるところだと思う。

FOMAPAN400は慣れていなかったせいか、どうも扱いづらかった。シャドーがストンと落ちる感じ。うーん、プリントしないとなんとも言えないけれど、やっぱり初めてのフィルムは現像時にテスト現像が必要なのかな。それが結局はコストを抑えることになるのかもしれない。実効感度もおそらく400ないんじゃないかな。200ぐらいで撮って、現像時に400というのが良かったのかも。やっぱりトライ-Xが楽なんだな。でも高い。ローライ400SとRPX400をお試しで買ってみた。ああ、モノクロフィルム難民。

やっぱり一記事では終わらなかったので、続く。