大谷石と益子焼き〜大谷資料館〜

あっつい日に栃木県にある、大谷石の大谷資料館と益子焼きの益子町へ行ってきた。

www.oya909.co.jp

www.mashiko-kankou.org

あっつい!でもがんばる!

あっつい!でもがんばる!

 

 あっつい。

大谷石採掘場跡の大谷資料館

朝一で出発し、お昼ちょうどに宇都宮に到着。

石の蔵というお店で食事。

www.ishi-no-kura.jp

ここ、予約を取ったのだけれど、とても人気で最後の席だった。

味も良かったし、オススメ。

 

食後、一路、大谷資料館へ。

近づくにつれ岩肌が切り立った山々が見えてきて、すげーって。

f:id:aremo-koremo:20150626141121j:plain

dp2 Quattro

 ど、どうやって切ったのか。

手掘りの時期もあったみたいだし、すげー。

つるはしでトンテンカンテンやっていたらしい。

早速、大谷資料館へ。

階段を降りていくのだけれど、入り口には「現在、気温9度です。」って。

外気温30度近いのに・・・。

厚手のパーカー持ってきたので着込んでいざ。

 

今回の機材は、地下はα7とSummicron 35mm。地上はdp2 Quattro。

フィルムはM6とSummilux 35mm f1.4でISO400のプレストをISO1600に2段増感で。

 

ちなみにマナーが悪いのが目立ってきたということで、

今年から許可無しの2時間以上の撮影、三脚、自撮り棒禁止になったと、かなり厳しい状況。

 

長時間撮影及び撮影用の三脚・自撮り棒等の使用を禁止します。 - 大谷資料館

 

はぁ。

 

気を取り直して。

f:id:aremo-koremo:20150626152922j:plain

α7 Summicron 35mm f2

 

一段一段降りていくと、どんどん冷気が迫ってくる。

ゴースト、フレアは1950年代の古いレンズなのでご愛嬌。

 

f:id:aremo-koremo:20150626154822j:plain

階段を降りたところから。冷気で霞んでる。

相当深く掘っている。地下30mだそうだ。

 

f:id:aremo-koremo:20150626155051j:plain

さらに階段を降りていくと中は石の宮殿のよう。

時々、天井から水滴が落ちてきてびっくりする。

 

f:id:aremo-koremo:20150626155008j:plain

天窓から光。モノリスみたい。この辺りは赤くライトアップされていた。

 

f:id:aremo-koremo:20150626160255j:plain

湿度100%!(針が振り切れてる。)

 

f:id:aremo-koremo:20150626160350j:plain

石のステージ。

 

f:id:aremo-koremo:20150626160419j:plain

宮殿へ続く道。スートルがマントみたい。

 

f:id:aremo-koremo:20150626160449j:plain

まるで古代の宮殿。

 

f:id:aremo-koremo:20150626162821j:plain

脇に入ると外界との接点が。温度差で霞が出ていた。

 

f:id:aremo-koremo:20150626162910j:plain

こういう光具合にいちいち反応してパチリ、パチリ。かっこいい!

 

f:id:aremo-koremo:20150626162958j:plain

さらに奥へ。向こうに外界が見えるが、手前は地下宮殿。落ちたら死にそう。

 

f:id:aremo-koremo:20150626163053j:plain

切り出した石をこれで運んでいたのかな。ミシンのお化けみたい。

 

f:id:aremo-koremo:20150626163406j:plain

戻る途中に。外界を見る。

 

f:id:aremo-koremo:20150626163202j:plain

最後に振り返って。人と比べるとどれだけ広大なのかわかる。

 

外界に戻って。

f:id:aremo-koremo:20150626171151j:plain

自転車とそびえ立つ石切場跡。

 

f:id:aremo-koremo:20150626171255j:plain

手掘りの跡なのだろうかと思いながら、奥へ進む。

 

f:id:aremo-koremo:20150626171339j:plain

そこには外界と地底の接点があった。左奥は闇。

 

f:id:aremo-koremo:20150626171424j:plain

さ、マイカーで帰ろうか・・・は、さすがに厳しいか。

 

f:id:aremo-koremo:20150626171503j:plain

昭和30年代、40年代だろうか。かなり古いトラックが佇んでいた。

 

資料館は人が途切れることはない感じだった。

そばにはカフェがあったり、おみやげ屋さんもあったりとそれなりにやっている様子だった。

おみやげといっても石ばかりだけれど。

 

大谷石って一度見れば、あ、これ、大谷石だったんだなって、

すぐわかるぐらいメジャーな石だった。

石塀とかでよく使われている石だ。

道中、そこかしこに大谷石で造られた蔵を見ることができた。

 

 この後、益子町へ向かった。

 

続く〜。