読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホワイトバランスは「晴れ」にする

デジタルカメラ 写真のこと

ホワイトバランスはオートの人が多いのではないだろうか。

カメラの性能も上がってオートで十分とも思えるが、あえていつでも晴れにしておくのも面白い。

あなたに会えてよかった

あなたに会えてよかった

 

 キョン2。学園天国。へいへいへいへいへーい。

 オートとの違い

もうね、すごい変わる。

まずはオート。

f:id:aremo-koremo:20141202175828j:plain

青い。青すぎる。こんなに青くなかった。

 

晴れにしてみた。

f:id:aremo-koremo:20141202175905j:plain

お、これは見た目に近い。これぐらい紅葉していたよねって感じた。

 

くもり。この日は晴れと曇りが混在していた。

f:id:aremo-koremo:20141202180315j:plain

 ちょっと黄色が強いかな。でもこれも捨てがたい。

 

ちなみに日陰。

f:id:aremo-koremo:20141202180351j:plain

黄色すぎる。現実離れしすぎ。

 

機材は全てdp2 Quattro。

 

 

ああ、シグマのカメラかぁ、じゃあ設定必要だよねーとか言わないように。

オートがダメダメのカメラだからこそ設定するんですよー。ふふー。

 

私はホワイトバランスは写真を撮るときに必ず必要なものと思っている。

ここまで変化があるのならオートに任せきりにするのはどうかと。

 

RAWで撮って後で変えるのもアリだけれど、私は基本「晴れ」に設定している。

少し青から黄色がかった感じが好き。それでもオートのように冷たい青じゃない。

 

必要に応じて「くもり」「日陰」にすればいいとも思っているが、それはRAW現像時に変える。

 

基本、ネガフィルムが好きなので少し青から黄色ぐらいがちょうどいいと思っている。

 

jpg撮って出しの写真がとても良くなった今こそホワイトバランスをいじって自分なりに撮ってみるのもアリだと思う。

 

 

RAW現像の教科書―プロ級の現像仕上げを覚えたい!

RAW現像の教科書―プロ級の現像仕上げを覚えたい!

 

 プロ級!?

 

RAWから仕上げる風景写真テクニック (玄光社MOOK)

RAWから仕上げる風景写真テクニック (玄光社MOOK)

 

 テク!