読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になるレンズ-OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8-

 本日も順調に物欲発生。

 

私はE-PL5のキットレンズを使っているがこれも手軽で簡単に良く写る。

マイクロフォーサーズは手軽に高画質が楽しめて、且つ、小型、計量。

軽量コンパクトで高画質なのがいい。

重いのは疲れて、撮る気が失せるし、持ち出しづらくなる。

やっぱり軽い方が良い。

 

それで開放値f3.5よりも明るく高画質な単焦点レンズが気になる。

これも大きく、重くなったら意味がない。

 

マイクロフォーサーズは焦点距離が2倍になるため、

標準画角と言われる50mmを得ようとすると、

25mmというかなり広角のレンズが必要となる。

写る範囲は50mmだが、レンズ自体は25mmという広角のため、

少なからず歪みが出たり、ボケが少なく感じる。

ボケは基本的に広角の25mmレンズと同じレベルだ。

 

最近の光学性能は高いもののマイクロフォーサーズの美味しい部分は、

中望遠〜望遠にあるのではと思う。

当然200mmでは400mmになってしまう。

あまり長過ぎても(望遠でも)扱いづらい。

 

中でもOLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8は、

ちょうど良い画角、少し狭いかなと言う感じ。

そして、とてもリーズナブルで良く写ると見聞きしている。

 

静止画実写サンプル|交換レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8|オリンパス

 

一度触れてみたが、丁度良い塩梅と思えた。

レンズ自体も重いわけでもなく。重さは116g。

AFの迷いも余り感じなかった。

 

 


画角も45mmレンズなので実質90mmになる。

じっとモノを見て切り取るには良いかもしれないと思う。

先ほど書いたボケの量も45mmレンズなので、

f1.8と言う開放値と相まってきれいなボケだった。

 

価格も3万円を切る。

Amazonでも現在、約27000円程。

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8  ブラック

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 ブラック

 

 

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 シルバー

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 シルバー

 

 

フードは別売りか・・・。

最近多いね。フード別売り、時にはバッテリー充電器も別売りって。 

OLYMPUS レンズフード マイクロフォーサーズ用 ブラック LH-40B BLK

OLYMPUS レンズフード マイクロフォーサーズ用 ブラック LH-40B BLK

 

 

OLYMPUS レンズフード M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8用 LH-40B

OLYMPUS レンズフード M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8用 LH-40B

 

 値段とその写りから買い求めやすくて、

このレンズからレンズ沼にハマるきっかけになるため、

「撒き餌レンズ」と言われているらしいが・・・果たして。

 

シルバーは2011年、ブラックは2013年発売と比較的新しいので、

中古でも十分だと思う。

そちらも合わせて見た方が良いと思う。

 

色もシルバーとブラックがあるが、

私のPENはブラックなので当然ブラックが気になる。

こう言う時、ボデイはシルバーの方が潰しがきくな。

シルバーボディにブラックレンズでも変じゃない。

これはライカのブラックペイントと同じか。

ブラックボディだと、どうしても黒いレンズにしたくなる。

なんだか、高く付くが国産デジタルなら特殊な色でない限り、

同じ値段だけれど。

 

ちょっともう一度触って来ようか。