読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランク・ロイド・ライト設計の自由学園明日館に行ってきた

日記

目白(西池袋)にあるフランク・ロイド・ライト設計の自由学園明日館に行ってきた。


自由学園明日館

ここは好きなところで数えきれないほど行っている。

大正10年建設だが、まだ現役で公開講座などで使われている。

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話

 

 現役合格

 訪れたら・・・

f:id:aremo-koremo:20150219234409j:plain

外観 以下全てdp2 Quattroにて。

 

フラック・ロイド・ライトについては以下参照で。

 

ル・コルビュジエミース・ファン・デル・ローエと共に「近代建築の三大巨匠」と呼ばれる  

フランク・ロイド・ライト - Wikipedia

 

ここは貸切(結婚式も!)になったりして突如見学不可になったりするので事前にHPで調べて行ったのだが、

今回は公開講座や卒業製作の展示、セミナーが開かれていて、今まで行った中で一番使われている状況だった。

つまり、撮影を目的とした場合、その被写体となる教室内部は全て使われていたので撮影できなかった・・・。

残念!

とても雰囲気のある、食堂もあるのだけれどそこも目一杯使われていた。

 

使われないより使われた方が建物にとってはいいのだろうな。

 

f:id:aremo-koremo:20150219235808j:plain

廊下。この格子がフランク・ロイド・ライト設計の特徴的なところ。

優しい光が入ってくるようになっている。

 

フィルムも持って行ったが残念ながら出番はなしと判断し、dp2 Quattroのみとした。

SIGMA デジタルカメラ dp2Quattro FoveonX3 有効画素数2,900万画素 930257

SIGMA デジタルカメラ dp2Quattro FoveonX3 有効画素数2,900万画素 930257

 

これが大変だった。

室内なのにFOVEONセンサーにとって弱点であるため高感度は使えず。

ISO200でもノイズが目立ってくる。

ISO400で撮ったものはちょっとカラーでは耐えられないものだった。

かといって、室内でISO100だと、開放f2.8でも普通に1/30以下になるわけで。

だからフィルムはISO400のモノクロとf1.5の明るいレンズ持って行ったのに・・・。

 

とにかく手ブレとの戦い。LVF-01をがっしり構えてなんとかしのいだ。

SIGMA LCDビューファインダー LVF-01 931209

SIGMA LCDビューファインダー LVF-01 931209

 

dp2 QuattroとLVF-01になってからだいぶ手ブレが防げるようになった。

LVF-01は本当にオススメ。

 

入館料が400円で中にある喫茶店を利用するときはプラス200円。

喫茶店でお茶してからパチリ、パチリ。

 

f:id:aremo-koremo:20150220000153j:plain

 

f:id:aremo-koremo:20150220000343j:plain

光が優しい。

f:id:aremo-koremo:20150220000553j:plain

 

f:id:aremo-koremo:20150220000625j:plain

唯一の展示用の教室にて。

この椅子の形も独特。

f:id:aremo-koremo:20150220000716j:plain

特徴的な格子。

f:id:aremo-koremo:20150220000741j:plain

足元を見ると計算され尽くしたような石畳。

f:id:aremo-koremo:20150220000835j:plain

とにかく採光の仕方が綺麗で写真を撮るには本当に向いていると思う。

 

今回は1時間半で29枚も撮った。

 

このあと、近所の雑司ヶ谷の鬼子母神にも寄ったが陽が暮れてきて寒くなってきたのと、なんとなく撮りづらいなと思い、撮影せず。

この辺りはドラマ「Woman」で少し有名になったのかな。


鬼子母神 鬼子母神へようこそ

 

陽が暮れて本格的に寒くなってきたので帰途へ。

フィルムで撮りたかったなー。