読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

普通の風景を普通に撮りたい

写真のこと 写真

常々、普通の風景を普通に撮りたいと思っているのだけれど、

普通の風景を普通に撮っても写真として成立するのだろうか。

「普通がいい」という病~「自分を取りもどす」10講 (講談社現代新書)

「普通がいい」という病~「自分を取りもどす」10講 (講談社現代新書)

 

 うわぁ、病気だ・・・。

 普通の風景でも写真として成り立つか

私はこれと言って決め事をして撮っているわけではない。

ポートレイトが好きとか風景写真が好きとかそういうジャンル分けできない。

普段生活していて、いいなと思ったものを撮っている。

極めて普通のものだと思うけれど、それは写真として成立するのだろうか。

f:id:aremo-koremo:20150203150023j:plain

DIII Xenon 5cm f1.5
 

普通の風景を普通に撮る。何も特殊なことはしない。

例えば日中なら絞る。と言うか、絞らざるを得ない。

ISO400で晴れならf11ぐらいになる。

よってピントが深くなるようになる。これが普通だと思っている。

目的があって、ISO50でf1.4開放で撮ることもあるかもしれないけれど、

自分の目は日中は全面にピントが来ているので普通に絞ってる。 

電線、電柱は入らないほうがいい?

日本は電線、電柱が多い。

これを海外の旅行者たちはせっかくの景観が悪くなっていると嘆いているとか。

わかる。すごくわかる。

富士山に電線が被ってしまうと嘆いている海外からの旅行者のインタビューを見たときにそれは旅行者だったら嫌だよねって。

それで、今、日本全国で防災面も含めて電線を地中に埋める作業を進めているとか。

 

私は写真を撮っていて電線、電柱が邪魔だなぁって思ったことはない。

日本には電柱、電線があるから。それが普通だから。

入っちゃう。どうしても。じゃあ気にせず入れちゃう。

f:id:aremo-koremo:20150203152928j:plain

M3 Summicron 5cm f2

 信号機も入っちゃった。

 

余計なものをいっぱい入れても主題が引き立つような写真が撮りたい。

普通の風景を普通に撮って行きたい。