年末年始記念写真を撮るためのカメラ・レンズ選び

年末年始記念写真を撮る時が多いと思う。

そんな時に趣味で写真を撮っているからって、

味のあるレンズで撮るぞとか、開放で柔らかく撮るぞとか意気込まない。

そんな時のカメラ選び、撮り方。

SIGMA デジタルカメラ dp2Quattro FoveonX3 有効画素数2,900万画素 930257

SIGMA デジタルカメラ dp2Quattro FoveonX3 有効画素数2,900万画素 930257

 

 こんなの使わないのよ。絶対に。

 まずは確実に撮れるカメラ

押せば確実に撮れるカメラがいい。

安くてもスペックが低くても今のカメラならL版ぐらいならなんら問題ない。

なんならスマホでもいいのだ。

それをきちんとプリントアウトすればいいだけだ。

 

が!このブログはカメラブログ!アレモコレモ欲しいブログ!

物欲から始まる恋があってもいいじゃない!あれ?

 

フィルムであれデジタルであれ、MFは避けたほうが無難。

AFは信じられないという方、私もそうだが少し慣れたほうが絶対にAFのほうが早いし、

確実だと思う。

最近、PEN E-PL5を使ったが便利便利。

ネットプリントにお願いしてプリントした。

 

FUJIFILM デジタルカメラ XF1  光学4倍 ブラック F FX-XF1B

FUJIFILM デジタルカメラ XF1 光学4倍 ブラック F FX-XF1B

 

 

 

 

 

 こういうの。

価格.comの売れ線から引っ張ってきたのはここだけの話。

よくわからないけれど2万切ってきちんと撮れるカメラって感じ。

解像度とか関係ない。撮りやすくてきちんと写っていることに意味がある。

シンプルに写ルンですが一番。

写ルンです(レンズ付きフィルム)が最強カメラである理由 - カメラが欲しい、レンズが欲しい、あれもこれも欲しい

 

撮り方は広角で。

家族写真は引きで撮る - カメラが欲しい、レンズが欲しい、あれもこれも欲しい

 ここでも書いたけれど、広角、引きで撮る。28mmか35mmあたり。

 

 いつも気になっているんだけれどポチれない。

 

年末年始は家族を撮ることが多いと思うので、引きでみんなを入れる。

広角で余計なものをどんどん入れる。

 

走り回っているお孫さん、お子さんが見切れてもいい。

それが数年後にはああこんなに元気に走り回っていて言うこと聞かなかったね〜なんて話ができそう。

 

自分たちが乗っている車が写り込んでもいい。

10年後、古〜いと話題が尽きないはず。

ポスターやカレンダーが映り込めばなおさら。

とにかく余計なものを入れて情報を増やす。

 

写真は引き算なんていうこともあるけれど、今回ばかりは足し算。

どんどん足す。

 

家族みんなで集まるのも盆暮れ正月ぐらいでしょう。

ここで一枚でもいいから集合写真を撮っておこう。

「お正月を写そ、フジカラーで写そ♪」って言うじゃない?

 

とにかくポートレイトなんて考えず、お正月でガヤガヤしているときは、

広角で被写界深度を深くしてバシバシフラッシュを焚くか、ISO感度を上げてSSを稼ぐ。

外なら28mmでF8以上に絞りたい。

小さくなりそうなら寄ればいい。家族なんだから寄れるよね?

 

家族写真は写っていることのほうが大事。

キレイよりもいい写真を目指そう。

 

ボカすのは趣味で撮る時にいっぱいボカそうぜ。

f:id:aremo-koremo:20141204161653j:plain