写真に言葉は必要か

はっとさせられる写真って見たことあると思う。

そこに言葉はあった?

f:id:aremo-koremo:20141129173039j:plain

写真にタイトルは必要か

まずこれが気になる。

タイトルつけるのは当たり前と思っていたが、はっと目を奪われた写真って、タイトルに惹かれたわけじゃなくて写真そのものに惹かれたんだよなって思う。

そのあとに補完的にタイトルがあるだけなんじゃないかって思う。

ここにアップする写真も全然関係ない写真をアップしていて、文章を読むついでに見てもらっていいなって思ってもらえれば嬉しい。

いつもパラパラと読んで終わってしまう記事もいい写真と思って目を止めてもらえたら嬉しい。

 

f:id:aremo-koremo:20141129174943j:plain

では写真に言葉は必要なのか

どうなんだろう。

アートという観点からすると、絶対的に必要性は感じる。

しかしそれは観察者が必要とするものであって、作者に必要なものではないかと思う。

尋ねられた時に言語化できればいいのかと思う。

逆に言えば尋ねられるということはわかりづらい写真だということだと思ったりする。

f:id:aremo-koremo:20141129175138j:plain

写真だけで勝負したい

タイトルも言葉も必要とせず、人を惹きつけるような写真が撮りたい。

「現実的な堅い写真」が撮りたい。

f:id:aremo-koremo:20141129175700j:plain

大きく出てしまったが望みは高く持っていたいのでここに書いてみた。

 

板前魂 おせち 板前魂の望 和風二段重 2人前

板前魂 おせち 板前魂の望 和風二段重 2人前

 

望みの中身はスカスカじゃないだろうな。