デジタルカメラの主流はフルサイズへ向かうがそれでも私はFoveonが好き

今はiPhoneで充分と言われる程、スマホ、携帯のカメラは良く写る。

お陰でデジタルカメラ市場は縮小の一方。

結果、求める人はフルサイズに移行して行くと思う。

しかし、私はFoveonしか使うつもりは今の所無い。(PENはまだ持ってるけれど使わなくなったなぁ。)

SIGMA デジタルカメラ DP2Merrill 4600万画素 FoveonX3ダイレクトイメージセンサー F2.8

SIGMA デジタルカメラ DP2Merrill 4600万画素 FoveonX3ダイレクトイメージセンサー F2.8

 

 

 

今、デジタルカメラはFoveonしか無いと思っている程、DPシリーズを溺愛している。

特にDP3 Merrillの写りには大変満足している。

f:id:aremo-koremo:20140922212128j:plain

DP3 Merrill

 

とにかくレンズがいい。この50mm f2.8には本当に満足している。

無理にf1.4とかf2じゃないのもいい。

 

f:id:aremo-koremo:20141009021744j:plain

DP3 Merrill

 

DP3を使ってからDP2の出番が激減してしまったが、

レンズ交換する様にDP2(=45mm)とDP3(=75mm)を使い分けている。

しかし二台持ち出す様な事はしない。

画角が近いからでDP1の28mmなら二台体制でも良いかもしれないが、荷物になる。

DP3一台でもいい位だ。

 

フルサイズが必要かと言えばその方が望ましいと言うぐらいだ。

このDP3 Merrillのように完璧とも言える写りをベイヤーセンサーが出してくるのなら必要ない。マイクロフォーサーズでも然り。

 

センサーサイズが大きいからフルサイズもいいかもしれないと言う位で、どうしてもフルサイズと言う訳ではない。

 

フルサイズでも画素数が上がればそれなりに写るがニコンのD4のように1600万画素程度で充分だ。D810のような3700万画素とかいらない。

画素ピッチにも余裕が出るので画質もいいと思う。

 

あと、A3にプリントする事は絶対ない。

家の中でA3プリントがある生活は考えられない。

伸ばしてもA4だ。

すると2400万画素も要らない。

フルサイズ1200~1600万画素で充分。

自分の写真生活に合わせた画素数

 


価格.comマガジン 小型フルサイズ「EOS 6D」と歴代「EOS 5D」の画質を比較してみた

これを見たとき5Dの1280万画素で充分と思った。

いや、5Dの方がいいとさえ思った。

 

今、1200~1600万画素数のフルサイズは高い。

一番安いフルサイズはSONYのα7だが2400万画素もある。

現行のデジタルカメラはα7SとNikon Dfしか私の要望に当てはまる機種は無い。

《新品》 SONY (ソニー) α7Sボディ ILCE-7S [ デジタルカメラ ]〔納期未定・予約商品〕

価格: 223,560円
(2014/09/22 22:21時点 )

感想:0件

《新品》 SONY (ソニー) α7Sボディ ILCE-7S [ デジタルカメラ ]

 

Nikon デジタル一眼レフカメラ Df ブラックDFBK

Nikon デジタル一眼レフカメラ Df ブラックDFBK

 

 

そう考えるとDP3 Meriilは私にとってはオーバースペックだが写りとトレードした。

何よりも好みの画質だ。

それ以上でもそれ以下でもない。

他のデジタルカメラと全く違う土俵にいるので比べてFoveonの方が写りがいいと言うのは普通の事なので比較対称にはならない。

そもそもセンサーの作りが違うのだから、物理的に違う物を比べるのはナンセンス。

画像キャプチャシステム | SIGMA DP3 Merrill : スペシャルコンテンツ

f:id:aremo-koremo:20140922215454j:plain

DP3 Merrill

 

DPシリーズのメリットは軽量、(一眼レフより)コンパクト、高画質であること。

デメリットはデータ量が巨大すぎること(一枚おおよそ50M程)、ある程度の撮影技術が求められること(と言っても手振れ防止のためにきちんと構える位)、AFが遅いし、不確実なこと。

 

個人的にはSD1 Merrillも買い足したい位だが、Quattro待ち。

Quattroの利点はMerrillよりデータ量が軽くなった(それでも30Mはある)、動作も軽くなった。(速くはない。)理にかなったボディデザイン。

 

今、DP2 Quattroは色々と画質に関して言われている部分もあるが、それは一般ユーザーには問題ないレベルの話だと考えている。

例えば「ビアガーデン現象」と言われてもまったくわからないし、気づかない。

SIGMA dp2 Quattro 不祥事案件 その2 ビアガーデン現象 2014/07/03: maroの雑記帳

未だにわからない。本当にmaro氏の研究には頭が下がる思いだ。

 

maro氏なくしてSIGMAの成長は無いのではないかとさえ思える。

これを見ておかしいと思う人は買わない方がいいのだろうけれど、私は上のような写真が撮れればとても満足できる、安いものだ。

 

恐らく年末から年始にかけてDP3 Quattroが出ると思う。

もしかしたらレンズをMerrillと同じ物を使うと公言しているのでもっと早いかもしれない。

値段は今のDP2 Quattroと同じ位になると思う。

つまり10万程度になると思うが私はフルサイズではなくDP3 Quattroが欲しい。

流石に中古で今、EOS 5Dを買う程、私は器が大きくないので・・・。

 

でも10万位でフルサイズのデジカメが買えて、レンズアダプターで一杯遊べるなんていい時代だと思う。

自分は本当に恵まれていると思う。

 

価格: 125,980円
(2014/09/22 22:18時点 )

感想:1件

《新品》 SONY(ソニー) α7ボディ ILCE-7 [ デジタルカメラ ]

時代の流れは早く、絶対にフルサイズのデジタルカメラなんて買えないかなと思っていたのもつい最近に感じる。

f:id:aremo-koremo:20141009021443j:plain