モノクロとカラーの撮り方の違い

モノクロとカラーの撮り方の違いってあるんだろうか。

私はフィルムでカラーを入れるか、モノクロを入れるかでスイッチが変わる。

どんな違いがあるのか。

ナショナル ジオグラフィック プロの撮り方 モノクロ写真

ナショナル ジオグラフィック プロの撮り方 モノクロ写真

  • 作者: リチャードオルセニウス
  • 出版社/メーカー: 日経ナショナルジオグラフィック社
  • 発売日: 2006/02/11
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 5回
  • この商品を含むブログ (8件) を見る
 

これはほんと役に立った。すばらしい。 

 1)カラーの場合

やっぱり色を見ているかな。

でも、私の感覚だとカラーは難しい。

世の中、色が多すぎる。

看板とかは人工物だけれど、自然にある物で草木だけみても凄い色が多い。

f:id:aremo-koremo:20140927011251j:plain

DP3 Merrill

 

カラーだと紅葉も結構困る。色が一杯でどうしたらいいか分からなくなる。

撮ってみるとつまらない。ただの寄ってる紅葉写真。

そういえば、紅葉をほとんどカラーで撮った事無いかも。

 

あと、カラーにするとついつい寄って行ってしまうのはなぜだろう。

色を追いかけているのかな。

目に入りやすい、ぽつんとした色を追いかけているからつい視野が狭くなる。

 

私はカラーが不得意。

皆さんはカラーのとき、何を意識して撮っていますか?

 

2)モノクロのとき

これはもう、形を見ている。

f:id:aremo-koremo:20140927014014j:plain

M2 Summarex 85mm f1.5

 

あと結構色を見ている。

色によってモノクロに向かない物がある。

彼岸花なんてモノクロにすると難しい。

紅葉をモノクロで撮っている。

f:id:aremo-koremo:20140927013952j:plain

M3 Summicorn 50mm f2

紅葉を感じるかな。 

f:id:aremo-koremo:20140927014315j:plain

DP2

モノクロで黄色は撮りやすい。赤は難しい。

桜もモノクロで撮ってる。桜こそモノクロの方が撮りやすい。

f:id:aremo-koremo:20140927015741j:plain

DIII Hektor 2.8cmm f6.3

 

それぞれ違いがあってフィルムを入れ替えると頭の中でモードが切り替わる。

カラーは色を見て、モノクロは形を見ている。